マジックで高級腕時計を消す手口とは?ネタバレしない手品のテクニックまとめ!

まさかのマジックを悪用した犯罪が大阪でありました。まさにハリウッド映画並みの窃盗事件。

マジックバーで働いたことがあるマジシャン経験者が高級時計店に行き、店員さんに腕時計の試着をしたいと申し出る。

ここまでは普通ですが、これからがショータイム!

試着した高級腕時計は犯人の懐に入ったけど、なぜか目の前には腕時計がある!どういうこと?

男性

これが実際に起きた摩訶不思議な窃盗事件、高級時計店の接客が上手な店員さんの目の前で何が起きたのでしょうか?

高級腕時計がすり替えても富裕層の対応に慣れている店員になぜバレなかったのか、マジックのネタバレも気になります。

容疑者は25歳アルバイト男性ですが、見た目が青年実業家風でさわやかなお金持ちに見えた!?

今回気になって調べたことは2つ
  • ※容疑者がマジックを使い、どうやって高級腕時計を窃盗したのか?手口が知りたい!
  • ※なぜ手品で偽物の腕時計にすり替えてもバレなかったのか?

今回のマジックの手口は海外旅行中の窃盗事件でもよく使われる手法ですので、知っていると役に立ちます。

是非参考にして下さい!



<スポンサーリンク>

手品のテクニックを悪用し高級腕時計を盗んだ疑い!ニュース内容をチェック

腕時計のすり替え!マジックを使ったリアル窃盗事件の実際のニュース記事ですが、テレビのどっきり企画級の手口で何と2590万円分の腕時計等が盗まれているんです。

男性

それだけマジックで人を上手に欺くことができるのなら、職業としてマジシャンを続ければいいのに!と思わず叫んでしまいました。恐るべしマジックパワー!

高級腕時計を偽物とすり替えて盗んだとして、大阪府警南署は20日、アルバイトの四條勇希容疑者(25)を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
「マジックバーで働いた経験があり、時計をそのまま盗むより、すり替える方法が向いていると思った」と供述しているという。逮捕容疑は2021年10月、大阪市中央区の貴金属店で約440万円(税込み)の高級腕時計を盗んだとしている。
別の2店舗でも約1460万円と約380万円の腕時計を盗んだとされ、「飲食費やキャバクラ代に使った」と容疑を認めているという。
南署によると、四條容疑者は客を装って来店。
商品の腕時計を試着した上で「付属品はあるか」などと尋ね、店員がその場を離れた隙(すき)に、持参した別の時計とすり替える手口だった。
他にも大阪市内と東京都内の量販店などで、ネックレスやデジタルカメラなど計21点(約310万円相当)を万引きした容疑も裏付けたといい、被害総額は約2590万円に上った。

ニュースの凄いのは約半年での被害総額です。詳細をまとめてみました。

被害総額は約2590万円で内訳
  • 腕時計の窃盗:総額約2280万円(3点)の内訳(①大阪市中央区貴金属店 約440万円、他の2店舗では②約1460万円と③約380万円)
  • 家電量販店での窃盗:総額約310万円(21点)の内訳(ネックレスやデジタルカメラ等の商品等)

総額約2590万円の内容は高級腕時計は1点平均760万円家電その他は1点平均約15万円近くですよ。マジックバーでマジックを人前で披露していた人が、これだけ多くの高級品を・・絶対に悪用厳禁です。

女性

25歳でこれだけのマジックスキルを持っているのなら、マジックバーで頑張ればよかったのに

盗難品を質屋や買取業者に売って、キャバクラで豪遊していたそうです。こんなことで一生を台無しにするとは、本当に勿体ない。

ニュースでは2021年10月とあったので、今から半年以上から犯行を重ねてきて、2022年の4月20日に逮捕。

女性

今現在自白している窃盗は上記のとおりですが、恐らく最初は安い商品から始まって、徐々に高級品になったのでは?と予想します。なので余罪がたくさんあるかも!?

ではどんな手口だったのか、今までのマジックの種明かしを元に考察してみましょう。



<スポンサーリンク>

マジックを使い、どうやって高級腕時計を窃盗した?手口が知りたい!

まずは今回のニュースの事例から手口をまとめてみた。犯人が使ったテクニックは単純に、

「付属品はあるか」「保証書を持ってきて」

というリクエストを店員にしていたのですが、実はある一つの条件を満たせるのであれば、何でもいいのです。

  • その条件とは『店員がこの場を離れる』、たったこれだけ!

このように今回の高級腕時計窃盗で使われた相手の視線をそらすテクニックを専門用語で「ミスディレクション」と言います。

男性

つまり店員がこの場を離れて、犯人が一人の状況になった、その隙ができたことで腕時計のすり替えに成功したのです。

  • 意図的に相手の関心や視線を他の事にそらして、その間に窃盗する手口は海外でもよく使われます。
  • 例えば道を歩いていると『背中に何かついていますよ!』と言わる
  • 背中に注意が向いている時にもう一人が手提げバックから貴重品を抜き取る!この手口と同じです

親切心かと思って、油断していると国内外関係なく、やられます。

男性

別のところに注意がいっている間、犯罪者は確実に狙っていますので、覚えておいてください。

こちらの動画【アポロ・ロビンス 「人の注意力を操る妙技」】をみると「ミスディレクション」を使ったマジックの手口がわかりやすいです↓↓

4分ぐらいの動画ですが、めちゃくちゃ面白いです。さすがエンターテイメントの国アメリカです。

女性

それにしても高級腕時計の店員はなぜ偽物だと気付かなかったのでしょうか?その謎に迫ります。



<スポンサーリンク>

なぜ手品で偽物の腕時計にすり替えてもバレなかったのか?

一番気になったのが、本物の高級腕時計に似た一万円の偽物にすり替える大胆な手口にもかかわらず、店側はその場では気づけなかった点です。

  • 容疑者はよほど腕時計が好きでマニアレベルの知識を持っていたのか?
  • または最近では本物と見分けがつかないほど精巧なブランド腕時計(コピー模造品)があるとも聞きますので、すり替え目的で事前購入していたのかもしれません

ニュースによると、ショップで捕まっていないようですので、その場は何とか偽物で誤魔化して店外に出ることに成功。

男性

恐らく容疑者はある程度、信頼できる雰囲気(青年実業家風?)や礼儀正しい受け答えだった可能性がありますね。

接客のプロである高級ブランド店員も本当に腕時計に興味があり、購買意欲があると疑いもなく上級のお客様として扱っていた!?

そうでないと1460万円の超高級腕時計を試着させて、その場を離れるなんてあり得ないですよね?

  • 容疑者の顔や雰囲気はどうなのか?
  • 一見するとお金を持っていて、余裕がある成功者に見えるのか?
  • 実はイケメン、できる男風なのか?
男性

四條勇希容疑者の顔画像があれば一度見てみたい気もありますが、まずは素直に全部自白して、罪を償ってほしいですね。



<スポンサーリンク>

合わせて読みたい人気記事



<スポンサーリンク>