小室圭NYの生活費は今後どうする?眞子さんの貯金や税金投入なのか調べてみた!

久しぶりに小室圭さんの情報が入ってきたのですが、眞子さんと圭さん夫婦、小室ファミリーにとっては残念な結果になってしまいました。

男性

2022年2月、再挑戦で受験したニューヨーク州司法試験の合格リストに小室圭さんの名前はなし・・・

小室圭さん、2回連続司法試験に落ちてしまいました。司法試験不合格の報告と同時に次回(7月)も頑張ります!と再挑戦を宣言

ここで気になるのが、日本以上に物価が高いニューヨークでの生活費はどうやって燃焼しているのか?ではないでしょうか?

皇室育ちの眞子さんと小室さん二人での生活ならなおさら金銭的な負担が大きいです。そして小室圭さんはインターンで会社に入っていたはず。

研修生的な立場だと給料も少ないですし、働ける期限も限られています。

今回の不合格で会社も解雇されるのでは?との噂もあります。そうなると小室夫妻は今後どうやって生活していくのでしょうか?

今回気になったので、調べた事は2つ
  • ※小室圭さんと眞子さんはNYでの生活費をどうやって稼いでいるのか?税金投入の噂も!
  • ※小室圭さんと眞子さんは共働き!?メトロポリタン美術館の給料などを調べてみた!

是非、参考にして下さい。



<スポンサーリンク>

小室圭さんが2度目の司法試験に落ちた報告ニュースの内容をチェック!

小室さんは15日午前、以前日本で勤務していた弁護士事務所の代表に電話をかけ、2022年2月に再挑戦したニューヨーク州の司法試験に「落ちました」と、
不合格だったことを報告したうえで、2022年7月に行われる次の試験について、「次回も頑張ります」と、3度目の挑戦をする意向を伝えたという。

小室圭さんが律儀に日本で働いていた奥野総合法律事務所の代表に司法試験の結果を報告していたんですね。

奥野総合法律事務所からは留学中の生活費約1000万円(3年間)を借りていたみたいですので、現状報告するのは当たり前!?かもです。

男性

ところで奥野総合法律事務所の場所はどこだろう?と思い、知らべてみたら、東京駅近の1等地にオフィスがありました。

大手町のオフィス街に多くのクライアントを抱えていて、すぐに対応できるように東京駅近のロケーションにオフィスを構えているのかもしれませんね。

女性

皇居にも近いので、眞子さんとも会いやすい立地だった!?笑

アメリカの司法試験に受かれば一気に年収2000万円!とも言われているので、約3ヵ月後の司法試験、頑張って欲しいですね。

男性

でも、今までもそうですが、次回の司法試験まで、どうやって生活費を捻出しているのでしょうか?

ある程度勉強しながら働くことになるので、一番気になります。

NYでの二人の収入源は何なのか?を調べてみました。



<スポンサーリンク>

小室圭さんと眞子さんの今後の収入源は?自宅の家賃が高すぎる!

男性

小室圭さんと眞子さんの収入源は月いくらなのか?

その前にNYで毎月一番大きな出費になる家賃の金額を調べました。

  • 小室圭さんと眞子さんのマンションの家賃は何と・・・月約55万円
  • 小室圭さんのNYでの年収が600万円程度と言われていますが、家賃だけで660万円(55万円×12か月)かかります
  • つまり小室さんの給料だけでは家賃も払えないということです。深刻な問題ですよね?
男性

物価の高いニューヨーク マンハッタンでどうやって暮らしていくのでしょうか?

司法試験不合格で現在の会社でも雇用が続くのか?疑問の声もあります。今後の収入源はどうするのか?

ここで救世主となりうるのが眞子さんです。なぜ救世主なのか?

女性

実はメトロポリタン美術館で働いているという噂があるのです。

実際に4月15日のニュースで眞子さんがメトロポリタン美術館で日本人芸術家の作品の独特の手法を英語で解説した文章が公開されていました。解説者の名前には「Mako Komuro」とあったので、間違いないでしょう。

女性

眞子さんは学生時代から多くの世界の美術、芸術作品に触れて、専門知識を学んできましたので、解説内容も専門家レベルで凄いです。

眞子さんがメトロポリタン美術館で働き始めたことはヤフーニュースで紹介されていました。

アシスタントキュレーターとしてメトロポリタン美術館(MET)で働いていると『ジャパンタイムズ』が報じている。

眞子さんも働いていて、共働きなら安泰か!と思いきや、実は大きな問題があったのです・・・



<スポンサーリンク>

小室圭さんと眞子さん、共働きなのに今後が不安なのはなぜ?

実は眞子さん、メトロポリタン美術館での給料はありません、無給(無報酬)です。なぜなら今回の眞子さんのポジションはアシスタントキュレーター、インターン生と同じ研修生的な立場なのです。

  • 基本的にアメリカでは働く人本人が労働ビザ(ワークパミット)を取得しないと働けません
  • 今回、恐らく小室さんの配偶者ビザで眞子さんはNYに滞在していると思います
  • 基本的に配偶者ビザでは働くことはできませんのです

眞子さんが働いて救世主かと思いきや、さらなる逆境が待っていました。

男性

眞子さんは結婚した時、約1億4000万円の一時金を辞退して話題になりましたね。小室圭さんと二人で自立して生きる道を選んだのだと思います。

ちょうど今、困難を乗り越えて、成長するチャンスに直面している!今後の二人の動向が気になります。まずは7月の司法試験合格がマストですね。



<スポンサーリンク>

合わせて読みたい関連記事



<スポンサーリンク>