ワクチン接種のメールやSMS予約連絡いたしません!クレジットカード情報も不要!

最近テレビで
新型コロナウイルスの予約が全然取れません!
と該当インタビューしている
ニュースをよく見ますよね。

東京では渋谷区にある若者向けの新型コロナウイルスワクチン
接種会場(自衛隊大規模接種センター)に
夜中から並ぶ若い男女が殺到。
長蛇の列が逆に密状態!という悪循環を生んでいました。

ニュースで大きく取り上げられて、
世間の関心が高まると、急増するのが、
なりすまし予約代行(詐欺SMS)や、
個人情報を抜き取るフィッシングメール
です。

最低限の知識があれば避けられるのに・・・
まずはたった2つの知識を得て下さい。



<スポンサーリンク>

まず知って欲しいのは2つの事実

①基本的に行政側からワクチン接種の予約を促すメールや
SMSでの予約代行等の連絡は一切いたしません!

②ワクチン接種は無料なので、
クレジットカード情報の入力もありません!

この2つの事を踏まえた上でさらに詐欺メール対策を紹介します。



<スポンサーリンク>

公式サイトのアドレスをチェック!

上記の2つをしっかり理解していれば、メール自体を開くことはないですよね?
当然ながら完全無視か即削除のはず。
ですが、メールを開いてしまうこともあるでしょう。

どんなフィッシング、詐欺メールに共通している事ですが、
本文のリンクは絶対にクリックしてはいけません!
クリックすると公式サイト(本物)にそっくりの
偽サイトに飛ばされるだけでなく、
ウイルスを勝手にダウンロードされて、
個人情報を抜かれる可能性があります。

追伸:自衛隊大規模接種センターの正しいサイトアドレスは以下のとおりです。
東京センター: https://www.vaccine.mrso.jp/
大阪センター: https://info.vc-osaka.liny.jp/
【公式サイト】自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)はコチラから



<スポンサーリンク>

ニュースを上手く利用し、手口が巧妙

この手の詐欺手法は本当に年々巧妙になっています。
大体はテレビなどメディアで大々的に取り上げられたニュースに
詐欺師はつけこんできます。

今回紹介した内容は他の詐欺メールの対策としても
使えるため、是非参考にして頂ければと思います。

関連記事

私はワクチン接種2回終わりました。
ネット関連が詳しいので、親戚、知人の予約を
取ってあげたり、実際の体験した記事を書いています。
こちらの記事も是非参考にして下さいね。



<スポンサーリンク>