LINEの中国にある関連会社が個人情報にアクセスできた問題、
ツイッターでも話題になっていましたね。

  • LINEの代わりになる日本の会社のサービスはどれ?
  • 政府主導ですぐに対応して!
  • もうLINEは使わない

といろんな声がありました。

もともとLINEは韓国の会社で情報管理に関する
不安は最初から一部で言われていました。

だから今回のニュースを聞いても、
全く驚かなかった。
私自身、LINEはほとんど使っていないし。

でも出沢剛社長の記者会見の内容をみて、
疑問に思いました。

スポンサーリンク



LINEは規約に書いてあるとおり・・

LINEは規約で

「個人データ保護法制を持たない第三国にパーソナルデータを移転することがある」と規約にある、
「法的にどうこうじゃない、ユーザーに配慮できなかったことが問題なだけ」

と出沢剛社長はLINEユーザーへの
説明不足を論点にして、
3月17日に謝罪しています。

LINE側は問題ないはずなのに、なぜ変更??

そして3月23日、
ヤフーニュースにLINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行とありました。

問題がなかったと言うのなら、何も変更する事なく、
自信を持って現状維持になるはずではないでしょうか?

ということは問題があったと
認識しているのではないでしょうか?

ちなみにヤフーニュースのコメントに同じような事を
書いている人が何人かいました。

スポンサーリンク



日経新聞のニュース記事がわかりやすかった!

日経新聞のこの記事を読めば、
何が問題で、今後どういう流れになるのかが、
わかりやすく説明されています⇒LINE、個人データ管理不備で謝罪 中国委託先で閲覧可能

まさにその通り!

それではデーター移管します、
はい、おしまい!
ってわけにはいかないです。

国内約8600万人がLINE利用者、また行政機関でも
重要な個人情報のやり取りがされている現状、
早く国産の代替サービスが
普及することを祈っています。

スポンサーリンク