毎年お馴染みになってきた10月31日の「ハロウィン」。

10月最後の週末はどこも「ハロウィン」イベントパーティーが開催されて大混雑!

そんな中でも一番ホットなハロウィン聖地になったのが、オシャレな街 渋谷。

渋谷全体が仮装パーティー会場化!

その時々に流行った人、物のコスプレを楽しむ恒例イベントでした。

そんな日本を代表する若者の街、渋谷ハロウィンがまさか2018年に変態仮装行列に格下げされるとは思っていませんでした・・・



<スポンサーリンク>

2021年10月31日のハロウィンをライブ動画で見てみる

2021年はまだコロナの影響で自粛ムード満載ですが、実際にハロウィン仮装軍団はいるのでしょうか?

こちらは渋谷スクランブル交差点のライブカメラ映像です。

人の動きはありますが、今のところハロウィン仮装組は少ないですね。

夜になると凄い事になるかも!?

10月28日土曜日の夜、起きたこと

毎年過激になっていく渋谷の夜ハロウィン。

2018年、とうとうやってはいけないことが起きました。

停車していた軽トラックを数人が持ち上げて、横転。

そのトラックの上で勝ち誇る若者も・・

動画で撮影されて、ニュースでも取り上げられました。

ネット上ではルール違反だ!規律乱している!ハロウィンは中止すべき!という声が多数。

本来ハロウィンは子供向けのイベントです。

迷惑行為が続けば、限られた場所、会場のみの限定になる日も近いかもしれません。

追伸:藤田ニコル、ハロウィン大騒ぎの大人に悲しい・・・

変態仮装行列に格下げか?

10月30日 ひるおび!渋谷センター商店振興組合の理事長が取材に応じました。

その時、「渋谷ハロウィンは、変態仮装行列」と発言。

そもそも、この大きなイベントに主催者がいないのが大問題ですね。

立川志らくさんのコメントは「こんなイベント禁止にしちゃえばいい。外国の文化を日本流にすることは悪いことではないが、トラックを倒す、ゴミを残すなど、ルールを守れないようなら禁止にしたほうがいい。世界的に恥ずかしい部分が大きい」

仮装する事で非日常の雰囲気を楽しみ、テンションが上がるんでしょうね。

世界的に有名になり、外国人参加者が急増している渋谷ハロウィン。

一部のルール違反者のせいでイベントがなくなるのも寂しいです。

変態仮装行列が新語流行語大賞にノミネートするかもしれませんね。

知ってましたか?翌朝ごみフェスが・・・

平成ラストハロウィンの後片付けは平成生まれの若者だけに参加資格があるごみフェスメンバーがやります!

10月31日のハロウィンが終わった後、残るのは大量のゴミです。

11月1日の早朝5:30にごみフェスメンバーが集合し、7:30までゴミを拾います。

平成世代、応援しています。

今後はどうなる?代々木公園が代案?

迷惑行為が急増している今、気になるのが今後の継続。

全国から中止を求める抗議の電話等があるみたいです・・・

主催者がいないという事が問題の1つですが、今年のようなトラブルが多発すると、主催したいという企業、団体は出てこないかもしれません。

さらに外国人、日本人比率が半々ぐらいになった今、言葉の壁があるのも今後の課題ですね。

渋谷区もオールナイトのイベントを主催するわけにいかないので、難しい!

来年は有料制は間違いなし!?

スマホで顔認証された人だけが参加できる?

ID提示は必要?条例化で厳しくなる?

場所を考えると、代々木公園に移す案が一番いいかもしれませんね。

追伸:ノンストップ ハロウィンで『チョコレートちょうだい!』って英語で何と言うの?とお婆ちゃんに聞いたら、『トリック・オア・トリック(お菓子くれなきゃ悪戯するぞ!)』ではなく、『ギブ・ミー・チョコレート』だった件・・・