スッキリで芦田愛菜ちゃん主演の
映画『星の子』完成報告イベント
で愛菜ちゃんが話した”信じる事”に
ついて、議論していました。

なぜなら信じるの定義が16歳とは
思えない大人なコメントだったため。

どんな内容だったのか?

これはユーチューブ動画を観た方が早いですね。

芦田愛菜、高校生とは思えない大人な発言にキャスト困惑?

文章ならこちらのヤフーニュース記事⇒芦田愛菜、“信じること”を熱弁 達観ぶりに永瀬正敏ら感嘆「これ以上の答えはない」

もっと私のことを理解して!

コメントの中からポイントになった部分を
自分なりに解釈したことを書きます。

信じていた人が予想外の行動を取ると、
人は裏切られた!と言います。

でも、その人から言わせたら、
勝手に私のことを勘違いしていただけでしょ?
もっと私のことを正しく理解してよ!!

と思っているかもしれません。

つまり裏切られたのではなく、
理解力が足りなかっただけ、
なのかもしれません。

揺るがない軸を持つこととは?

愛菜ちゃんが言っていた『揺るがない軸』
というのが私なりの解釈では
『信じると言ったのなら、最後まで信じること!』

何を根拠に信じるのか?
軽々しく言葉に出す前にその人を
じっくり観察してみましょう。