台風のコースは大体、沖縄を直撃!
そのまま中国大陸に向かうのか?
と思ったら、急速に右カーブ。

九州直撃で朝鮮半島ルートか、
本州上陸ルート。

最近は台風が本州をなめるように移動して、
被害が拡大するケースが増えています。
そもそも・・

台風発生のメカニズムってどうなっているの?

と気になりませんか?

誰でもわかりやすく説明すると、
台風が発生する仕組みは
太陽の反射により、海面で水蒸気が発生し、
空気の渦ができて、
上昇気流がグングン上がっていき、
大きな雲になります。

台風は低気圧とも言います。
これが台風発生のメカニズムになります。

大体フィリピン周辺で発生します。

なぜいつも右カーブで日本に向かうのか?

疑問に思うほど、
いつも台風は沖縄経由で中国へは進まずに
九州、本州へ曲がります。

その理由は偏東風に乗って、西に進み、
地球の自転である
時計回りの太平洋高気圧により、
右回りになり、北上します。

太平洋高気圧が
日本周辺に停滞する8月、9月は台風シーズン!

2020年は真っすぐ朝鮮半島へ

通常であれば、右カーブで本州に上陸するのが、
台風の進路でしたが、2020年の夏は異常に暑く、
太平洋高気圧が残っていて、さらに海水温が高い!
そのため、台風は右側に進めず、朝鮮半島に
上陸する回数が増えています。