TBSドラマの半沢直樹、2週にわたる
ダイジェスト版(特別総集編)、
面白かったですね。

でも一番気になったのが、
最後の頭取とのやり取り。

大和田常務(香川照之)の件ではよくやった!
と言いながら、出向先として
半沢(堺雅人)に告げたのは、
東京セントラル証券会社!
それを聞いた半沢の反応は?

目力全開の怒り顔・・・そして終了。

完全にシリーズ2があるでしょう!
という終わり方でした。

スポンサーリンク



これは左遷?それとも栄転?

完全に左遷だと思います。

なぜなら大和田常務はあれだけの
不祥事を起こしているにもかかわらず、
処分は降格のみ。

犯罪を犯したのですから、
解雇は当たり前ですよね?

それに対して、半沢は・・・
まさかの銀行外である
東京セントラル証券へ出向を命じられる。
銀行での活躍は
期待されていないってこと!?

結局、上層部に逆らう態度はマイナス

確かに常務は悪いことをしましたが、
それを追求する半沢の態度が
印象を悪くしたのかもしれませんね。
大声を上げたり、呼び捨てにしたり、
土下座を要求したり・・・

まとめ

前回、全話観ていたのですが、結構忘れている点も
ありました。汗
7月19日から新TBSドラマの
半沢直樹が始まりますが、
その前に復習できてよかったです。

半沢直樹シーズン2、
前回は100倍返しがマックスでしたが、
200倍返しぐらいして、銀行に戻ってこないと
割に合いません!

楽しみにしています。