第97回全国高校サッカー選手権、

地元の東京B代表 強豪 駒澤大高と

完全アウエーの不利な条件で闘う沖縄の星 那覇西高校。

開幕戦は激アツでした!


後半13分までは駒澤大高の勝利は決定的かな?

と思える展開でした。

そう、後半13分までは・・・です。

それは、なぜでしょうか?

スポンサーリンク



足が早いMF上原綾斗が右サイドへ!流れが変わった!

前半とは違い後半は追い風。

攻撃が活性化されると思ったら、駒澤大の攻撃はさらに続きました。

そして後半13分、平安山監督は切り札のMF上原綾斗選手(3年)を投入します。

この采配が大当たりでした!

FW宮國永遠のスーパーゴール!

上原選手の投入で右サイドから前線になったFW宮國永遠選手(3年)が

後半16分にカウンターからスーパーゴールを決めました!

これで同点!そのまま試合終了でPK戦になったのです。

宮國!半端ないって!

前半をみていたら、勝つのは厳しいと思いました・・

試合前半を振り返ると、正直力の差を感じました。

試合開始から駒澤大高が攻めまくる!

コーナーキックの連続、

さらにボールをクリアしても

ロングボールでピンチになる負の連鎖。


那覇西は守備に多くの時間を取られて、必死でした。

パスサッカーが得意のはずが全くボールを回せない!

そして前半35分、ついに10番 原田大渡選手にゴールを決められる。


那覇西はカウンターからいい形を作ったのですが、

チャンスはその一回だけ。

那覇西を応援していたのですが、勝つのは厳しいかな?

と思っていました。

スポンサーリンク



前代未聞!?ゴールキーパーがPKを止めて、PKを決める!

同点で前後半が終了。

勝負はPK対決へ。

最初駒澤大キャプテンが外し、那覇西もDFが思い切り蹴って外す。

その後はお互いにPKを決め続けて、

最後11人目は何とゴールキーパー対決!


まず那覇西のGK 新垣選手が相手キーパーのPKを止めた!!!

その後は自分でPKを決めて、勝利!


試合でもスーパーセーブがあったので、

同点でPK対決になれば那覇西が有利だと思っていました。

GK新垣選手がMVP級の大活躍でした!

まとめ 駒澤大のためにも勝ち進んで欲しい!

開幕戦から激アツな試合でした・・・


2019年1月2日、2回戦は岐阜工高(岐阜)と立正大淞南高(島根)の勝者と戦います。

こうなったら旋風を起こして欲しいです!

頑張って下さい!

追伸:開幕戦の解説は元日本代表FW城彰二さんでした!
解説だけでなく、サッカー指導も頑張っています。
特にサッカー上達DVDは評判がいいです