2019年、平成最後の箱根駅伝は盛り上がりました!

青山学院大学が5連覇を狙い、圧倒的な差をつけるかと

思われましたが、東海大学が最高のパフォーマンスを見せて、初優勝!

東海は往路、総合ともに大会新記録で勝利しました。

注目の青学は・・・

往路で6位、5分以上の差がつけられたのが、痛かった。

復路では大会新で優勝し、意地を見せました。

3位の東洋大は11年連続3位以内という素晴らしい成績。

一番安定感があるのが東洋の強さです。

高嶋ちさ子の青学が負けてショック!

高嶋ちさ子さんは毎年箱根駅伝のゴール周辺の旅館に泊まり、

2階から応援しているとテレビ番組で話してくれました。


翌日選手を追いかけるように大手町に向かい、途中は実家でテレビ観戦しています。

父親の出身は早稲田、高嶋さんは青学。

青学の優勝が続き、いつも優越感に浸っていたそうです。


今年は残念ながら2位!

でも名門早稲田大学は13年ぶりのシード落ち。

父親がイジられるかも!?